【Beyond the Music 2022】”音楽と建築” 第3回ゲスト:花摘知祐 – ウィゴー公式サイト|ウェブマガジン「WEGO.jp」   
【Beyond the Music 2022】”音楽と建築” 第3回ゲスト:花摘知祐
【Beyond the Music 2022】”音楽と建築” 第3回ゲスト:花摘知祐

Beyond the Music2022
10代のための新たなクリエーションの学び舎『GAKU』にて、WONK/millennium paradeキーボーディストの江﨑文武さんが総合ディレクターを務める音楽の授業「Beyond the Music」。

Beyond the Music 2022

2020年より開講したこちらの授業は、WEGO&Manhattan Records協賛のもと、”音楽の向こう側”をテーマに、音楽を通じて、言語・文化・歴史・物理・民族・テクノロジーといった、他の領域への学びを深める試みとして、毎回テーマを設け、ゲストアーティストを講師としてお迎えしています。


[Beyond the Music、過去の豪華授業もすべて、Spotifyなどで無料視聴出来ます!]


Beyond the Music

音楽家のために設計された「伊藤邸(旧園田高弘邸)」での出張授業

5月29日(日)には、第3回授業「音楽と建築」を開講しました。今回は、建築家の吉村順三さんが音楽家の園田高弘さんのために設計した「伊藤邸(旧園田高弘邸)」を訪れての出張授業。この建物は、クラスを主宰する江﨑さんがご自身の作品「薄光」のMV撮影の舞台として使用した場所でもあります。音楽家はなぜこの建築を選んだのか。建築家は、どのような想いを込めて設計したのか。ゲスト講師には建築家の花摘知祐さんをお招きし、実際に「伊藤邸(旧園田高弘邸)」の空間に身を置きながら、音楽と建築の関係性を紐解いていきました。



Beyond the Music

Beyond the Music


音楽と共にあるための空間を体感する

「音楽ホールやスタジオのように、演奏する空間って閉塞感のあるイメージだけど、この家はどの部屋にも窓があってすごく開放的な感じがする」「部屋によって空間の大きさや天井の高さが全然違う。普通の家では珍しい気がするけど、これは音環境を考えた空間づくりなのかな?」と、授業のはじめには、「伊藤邸(旧園田高弘邸)」の建物内を見学しながら、それぞれの気づきや疑問をシェアしていきます。

Beyond the Music

Beyond the Music

Beyond the Music


異なるジャンルの重なり合いを学ぶ

音楽家のためにつくられた建築を実際に体感した後は、音楽と建築の関係性を紐解いていきます。「音階(ドレミファソラシ)を表す『ピタゴラス音律』は、数学の方法論を元に生み出され、後にその比率を応用した建築もつくられている」「ルネサンス時代には、建物の空間比率を使った音楽が作曲されていた」など、音楽理論や作曲に建築的な考え方が使われていること。「教会の建物の材質・大きさが変化したことによって、聖歌の曲調が変わっていった」ように、音楽が空間の音の響き方の変化に強く影響を受けていること。「伊藤邸(旧園田高弘邸)」の見学で生まれた生徒のみなさんの質問も時にカバーしながら、歴史的な発展をみていくことで予想以上に音楽と建築が密接な位置にあることが明らかになっていきます。

それらの音楽と建築の歴史的な関係性を、現代の建築家はどうみているのか。音も環境の要素として捉えて建築を進めている花摘さんがご自身の仕事の一部を紹介してくれます。例えば「オルタナティブトイレ」では、みんながストレスなく使用できるようにするために、音響の技術を使ってトイレ内で発生する音の不快感をなくすという構想もあるのだとか。人にとって居心地の良い空間を作っていくために「音環境」を考えることは欠かせない要素なのだと言います。近年手がけられた「ドバイ国際博覧会日本館」の模型の現物も特別に持参をしてくださり生徒のみなさんの目の前に。「大きい建築物を考えるときはどこから手をつけるのか?」など、建築家の仕事への関心も喚起されたようでした。

Beyond the Music


歴史から学んで現在に活かす

「僕が所属している『WONK』では、曲のレコーディングを各々の家で行なうことがあります。その時に、『押し入れのなかは音がいい!』とか、家のいろんな場所の音の響きを感じることがあって。同じ家の中でも場所によって全然違うんです。自分の部屋にじゅうたんを1枚引くだけでも、実は音の響き方は変わる。楽器を演奏するときや音楽を流すときに、その空間の音環境についてを意識することで、音楽体験の可能性が広がっていくと思うし、普段生活する時とは全く違った空間の見方が生まれてくるはず。ぜひ試してみてください」と、文化財のような会場で学びを深めていった今回の授業ですが、その学びは生徒のみなさんの日々の暮らしのなかでも応用できるものだと江﨑さんは最後に強調されていたことが印象的でした。

Beyond the Music


次回は、視覚芸術を通して音楽に迫る

第4回授業のテーマは「音楽とグラフィックデザイン」。ゲスト講師には、 millennium parade / PERIMETRONでアートディレクター・グラフィックデザイナーとして活動されている森洸大さんをお招きし、音楽と視覚芸術の関わりを学んでいきます。授業の生徒募集は近日開始予定です。GAKUウェブサイトおよびSNSにて発信していきますので、ぜひご覧ください。


↓過去授業の視聴はこちらをクリック
【Beyond the Music】Podcast

▼Beyond the Music 過去授業 ゲスト講師
・井上幹(WONKベーシスト/ミックスエンジニア)
・矢田部浩平(早稲田大学表現工学科・講師)
・額田大志(作曲家/演出家)
ermhoi(トラックメーカー/シンガー)
・石若駿(打楽器奏者)
・細井美裕(ボイスプレイヤー)
・常田俊太郎(音楽家/株式会社ユートニック代表取締役)

▼Beyond the Music 2022 過去授業ゲスト講師
第1回 
”音楽と食”:WONK長塚健斗(WONKボーカリスト)、休日課長(ベーシスト)[イベントレポートを見る]
第2回 ”音楽する脳”:古屋晋一(脳科学科/演奏家)[イベントレポートを見る]



[Beyond the Music2022、クラスページはこちら]