【インタビュー】DJ HASEBE, 空音 & kiki vivi lily | 3人を繋げた90’sサウンド – ウィゴー公式サイト|ウェブマガジン「WEGO.jp」   
【インタビュー】DJ HASEBE, 空音 & kiki vivi lily | 3人を繋げた90’sサウンド
【インタビュー】DJ HASEBE, 空音 & kiki vivi lily | 3人を繋げた90’sサウンド

ミックス作品や、今作含む数々のプロデュースワークを手掛ける DJ HASEBE、ラッパーの空音、シンガーの kiki vivi lily が共演し、昨年末にリリースされたシングル「Farewell」。DJ HASEBE の過去作にも通底する柔らかな空気感を汲みながら、サンプリングを基調とした懐かしさを感じさせる新曲のテーマを彼らは「ポジティブな別れ」だと言う。制作の経緯、タイトル「Farewell」について、3人のライフスタイルについて。MV撮影直後の3人に話を聞いた。


- 早速ですが、皆さんMVの撮影はいかがでしたか?

DJ HASEBE : どうでした?僕は終盤しか参加していなかったですけど。

空音 : 楽しかったですね。

kiki vivi lily : 楽しかったね。

空音 : 今日は最初に河川敷で撮影して、そこで kiki vivi ちゃんと打ち解けた感じでしたね。

DJ HASEBE : それは良かった(笑)。

kiki vivi lily : 2人で笑ってたもんね。

空音 : ゲラゲラ笑ってましたね。良い感じでした(笑)。


- 曲の序盤には「90’sのRetro Car」というワードも出てきますが、MVにも車やドライブをモチーフにしたシーンが多かったですよね。

空音 : そこが今日一番緊張しましたね。kiki vivi ちゃんを横に乗せて運転するところが。

kiki vivi lily : 車も格好良かったよね。2人でテンション上がって。




- 今回のシングル「Farewell」の制作の経緯、どんな風に曲が出来上がっていったか、の流れを教えてください。

DJ HASEBE : 90年代的なアレンジの近年の邦楽を集めてMix CDとして出す企画をやっていて、その企画の一環で2人と最初の楽曲を作ったんだけど、それはイメージに合わずにボツになったんだよね。その後、新たにもう一曲作ったのが、この作品。コンセプトは1曲目に作った物のままなんだけど。2曲目は最初作った楽曲より「90年代的なサンプリング感」をイメージしていて。
タイトルの「Farewell」は「別れ」という意味だけど、あくまで「ポジティブな別れ」「前に進んでいくための別れ」というテーマで2人に制作してもらいました。



- ありがとうございます。テーマは当初から変わっていなかったんですね。空音さん、kiki vivi lily さんは、HASEBEさんのビートにどんな印象を受けましたか?

kiki vivi lily : 私はすごいメロディが見える感じがしました。メロディが見えるビートと、そうじゃないビート、というのがあって。私としては「見えるビート」だったので、感覚で乗せていくことができました。

空音 : 僕は普段「現代的な若者の恋愛観」をテーマに作詞をすることが多いんですが、今回は、自分がまだ生まれていない年代をテーマにするということで、自分の中から出てくる言葉や、自分自身の持っている世界観に上手くハマるビートだと良いな、と思っていました。そこがピッタリとハマったのが、詞を書いていて特に楽しかったです。いつもと違う、新鮮な作詞になったと思います。

DJ HASEBE : リリックは出だしからバッチリハマっていたよね。サビのところは、いつも自分が先にシンセでメロディを入れて、フィーチャリングのアーティストさんに渡すんだけど、今回 kiki vivi ちゃんは、そのメロディにアレンジを加えてくれて。そのアレンジもバッチリでした。

- ちなみに「別れ」というタイトルはどこから着想を得たんですか?

DJ HASEBE : ここ2-3年で作っている楽曲の中で「別れ」が、まだ作っていないテーマということ。それと、コロナ禍に入ってネガティブな曲を作っていたんだけど、ある程度、時間も経ってきて、明るい曲も作ったりしていました。そんな中で、そのネガティブとポジティブのバランスが取れた、その両方が混在しているイメージが頭の中にあって。

kiki vivi lily : タイトルの「Farewell」というのは、私が案を出させていただいたんですけど、高校の時にあった卒業パーティーのことを「Farewell Party」と呼んでいて、それをイメージしています。「お別れだけど、新しい旅立ち」というか。




- ありがとうございます。今回は90年代的なサンプリング感を意識されたという話がありましたが、皆さん普段から90年代の作品は聴きますか?普段、聴いている楽曲はどんな作品が多いですか?

空音 : 90年代も、それ以前の楽曲も、両親が生活の中で流していたこともあって、日常的に聴いていますね。でも、今回の楽曲を作詞するとなったときに、(意識的に)昔の曲を聴いたりしましたね。90年代のプレイリストを聴いてみたり。歌詞のテイストが現代と違うところもあると思うので。僕だけではなく、今は若い世代が、昔の歌謡曲みたいなものを受け入れる環境が出来てきているなぁと思うんですよ。だから、その良さに気づく若い子たちが増えてきてる。





DJ HASEBE : まさにそうだね。

kiki vivi lily : 私、90年代は大好物ですね(笑)。

DJ HASEBE : 大好物なんだ(笑)。初期の作品とか、90年代のテイストが多かったよね?

kiki vivi lily : まさに。一番最初に出したEPとかはそういったテイストでした。

DJ HASEBE : Mix CD でも曲を借りたことがあるよね。

kiki vivi lily : あ、そうですよね!Mix に入れていただいた曲も、90年代のビート感を意識して作ったりしていて。なので、今回の「Farewell」も自然に書けましたね。

DJ HASEBE : 僕も最近は邦楽をすごい聴きますけどね。自分でSpotifyのプレイリストを更新していることもあって、新譜はチェックしてます。次の作品にどんな客演が刺激的かを考えるきっかけにもなるし。ただ、80・90・2000年代の自分のキャリアを経てきた中で、その時代の音楽観が染み付いているから「全く新しい音楽」には行きづらいところもあって。だから「なんとなく懐かしい」という方向に行きがち、という単純にオッサンの聴き方なんですけど(笑)。海外の若い世代のアーティストの中でもアレンジが80年代・90年代の要素があったりとか、そういうものを選びがちですね。自分のDJプレイにも混ぜやすいのもあって。

- 今回、共演することになった空音さんと kiki vivi lily さんの楽曲も、そういった「ディグ」から発見したんですか?

DJ HASEBE : そうですね。特にコロナ禍に入って、自宅からゆるくライブ配信をやっているんですけど、そこで流す楽曲は現場とはまた違っていて。現場だと、もっと「踊らせなきゃ」みたいな感覚があるんですけど、家からゆるく配信していると、選曲もゆるめな楽曲が増えてきて、空音くん、kiki vivi ちゃんの曲をかけさせてもらったり。そういった中で去年あたりから、2人を客演に呼ぶイメージは湧いてました。

- 年代は皆さん違うと思いますが、フィーリングが一致する箇所があったんですね。

空音 : そうですね。自分は”長いキャリアを積まれている方に認めてもらえる”ということが嬉しくて。もちろん若い子が認めてくれるのは嬉しいですけど、それ以上に、自分自身が、上の人たちが積み上げてきたものに対してリスペクトを持って活動している中で、客演や制作でご一緒させてもらえることが、すごく光栄でした。

kiki vivi lily : 私も年代関係なく、単純にかっこいい音楽をやっている人たちと一緒に作れるのは楽しそうだなと思って、今回も参加させてもらいました。

DJ HASEBE : ありがとうございます(笑)。

kiki vivi lily : 私、尖っていた時期があって。色々な人に作品を聴いてもらうきっかけが客演で参加した(自身の名義ではない)楽曲だったので、自分のソロ作品で「自分の音楽を提示しなきゃ」と思っていた時期があったんです。そういう時期を超えて「色々な人と作ってみたい」と思えるようになって。そこでまた見えてくるものがあるかな、と。そう思っていたときに、運命かのように今回のお話をいただいたので、ぜひやりたい、と思って。




- これまで HASEBE さんは色々なアーティストの方々と共演してきたと思いますが、空音さんと kiki vivi lily さんのどんな所に惹かれましたか?

DJ HASEBE : まず、BASI や kojikoji ちゃんが参加している空音くんのアルバム『Fantasy club』には(DJプレイで)大分お世話になっていて(笑)。ライブ配信でも、リスナーの方に空音くんの楽曲のリクエストをよくもらったり。僕は日本語の楽曲を聴く時も、あまりリリックを意識せず、サウンド感でザックリ聴くんですよ。でも、空音くんの作品はリリックがしっかりと入ってきたんですよね。

kiki vivi lily : わかります。

DJ HASEBE : そうそう、そんなイメージを持っていたな。自分の中にこれまでにそういう聴き方がなかったから「これはしっかり聴かなきゃ」と思って。

kiki vivi ちゃんの作品は Mix CD で曲を借りたことがあったんだけど、その頃の作品とは歌い方が変わっていることもあって、その変化が凄く面白いシンガーだと思っていました。今回レコーディングを経て思ったけど、しっかりと自分のキャラクターがあって、そこへの作り込みが出来ている。神戸のイベントで(リリース前に)内緒でこの曲をかけたんだけど、ヴォーカルが彼女だと気づいている人もいるみたいで。すごく特徴があって、そのキャラクターもしっかり固まっていて。そこが魅力ですね。

- ありがとうございます。逆に空音さんと kiki vivi lily さんは、今回の制作を通して、HASEBE さんの印象に変化はありましたか?

空音 : 「すごい優しい人だろうな」という印象のままですね。レコーディングの時もそうですけど、制作しやすい環境とか安心感を、初対面から作ってくれましたね。プロデューサーによってはピリッとする環境だったりもあると思うので。

kiki vivi lily : 私は出会った時から「HASEBEさん」って感じですね(笑)。なので、自由に、楽しくやらせてもらいました。

DJ HASEBE :(笑)。僕もすごいやりやすかったです。それは作品にも表れていると思うし。




- 皆さんの中で、楽曲制作以外で今ハマっていることはありますか?

kiki vivi lily : 私は最近スケボーにハマってて。最近乗ってます(笑)。

DJ HASEBE : 近くのスケートパークとかに行くの?

kiki vivi lily : 近くにあるみたいなんですけど、そこは行ったことなくて。この間、撮影で長野に行ったんですけど、アルプスみたいな山の前に、すごい長い道があって、そこで練習していました。憧れがずっとあったので「今だろ」と思って(笑)。

DJ HASEBE : MVでも電車のシーンとかでスケボー抱えてれば良かったね。

kiki vivi lily :持っていれば良かったですね(笑)。まだ全然初心者なので、ヘルメットをつけて頑張ってます。

DJ HASEBE : 空音くんは何かあります?

空音 : 僕、基本的にお風呂に浸からない人間だったんです。だけど、東京に引っ越してから、毎日お風呂に浸かるようにしていて。生活の中では、それがマイブームですかね。ちゃんと入浴剤入れて。

kiki vivi lily : すごくいいじゃん。

空音 : いいんですよ。今までシャワーだけだったんですけど。僕、お酒も飲むんですけど、ライブもない中で、仕事とお酒を繰り返していると悪循環が溜まる感じがしていて。抜けているかはわからないんですけど、お風呂に入ると、リフレッシュされた気分になるので。

DJ HASEBE : 俺も風呂に浸からない人なんだよね。入っても熱くて我慢できなくて。最近サウナ流行ってるじゃん。オッサンのサウナーたちにすっごい誘われるんだけど、1回も行ってない(笑)。みんなはサウナ好き?

空音 : 周りはめちゃくちゃ好きなんですけどね。僕はようやくお風呂に浸かれたくらいなので。

kiki vivi lily : サウナはあんまり行かないですけど、岩盤浴とかは好きですね。長風呂も大好き。

DJ HASEBE : じゃあいけそうだね。なんか「整う」とか言うけどね(笑)。

空音 : でも、すごいらしいですよ。

kiki vivi lily : 次、HASEBEさんに会った時、「めっちゃ整う」とか言っていたら、どうしよう(笑)。

DJ HASEBE : あり得ますね(笑)。僕ね、趣味がなくて。だから、DJのライブ配信くらいかな。元々、映像とか撮影機材とか興味なかったんですけど、自分で調べて、自分のわかる範囲で揃えていくのが楽しくなって。朝からネットで調べて、ギア系のYouTube観て、「あ、このカメラ欲しいな」とか。去年は特にそうでしたね。
最近、MacBook Proを買ったんですけど、この機会にプラグインを改めて色々見てみたりとか。制作もマンネリ化しちゃうので、そういった点で制作を見つめ直そうと思ったり。



- ありがとうございます。皆さんに限らず、家の中での新たな趣味を見つけている人が多いですよね。皆さん、ファッションにこだわりとかってありますか?今日の服装が3人とも緑色だったのが、気になって。

DJ HASEBE : 本当だ(笑)。2人はこだわりがあるよね。僕は今日ミュージックビデオの撮影のままの格好なんだけど「家からコンビニに買い物に行く人」っていうコンセプトがあって(笑)。

空音 : 僕はここ1年くらいで服がめちゃくちゃ好きになって。それをなるべく発信するようにしていたら、ファッションの仕事ももらえるようになってきて。服をきっかけに、そういったやりたいことが見つかるのが楽しいです。コロナがなかったら、服にここまで興味を持つこともなかったですし。

kiki vivi lily : 逆に私はコロナ禍で、家の中でのトレーニングを始めて、トレーニングウェアを集めるのにハマっていて。全部買うものがトレーニング系になってます(笑)。しかも、それで外に出たら、動きやすいし。マスクしてるし、誰にも会わないし(笑)。

DJ HASEBE : そうだよね(笑)。俺も家トレしています。寝巻きでやっているけど(笑)。




- ありがとうございます(笑)。少し脱線してしまいましたが、最後にシングル「Farewell」を聴くリスナーの皆さんに作品について一言いただければと思います。

DJ HASEBE : Manhattan Records からリリースした過去の2作品はけっこう思い入れが深いんですが、そのイメージで今回も作らせてもらったので、「しっかり聴いてくれ」、「しっかり味わってくれ」と思います。

空音 : 僕は元々、kiki vivi ちゃんをすごく聴いていたし、若い子たちもみんな聴いてると思うので、コラボできたのが嬉しいです。この機会を与えてくれたHASEBEさんにも感謝しています。こういうサウンドにチャレンジすることがなかったので、そういう意味でも嬉しかったです。今回の曲は90年代をテーマにしているからこそ、廃れない、ずっと聴かれるような曲になるんじゃないかなと思っています。温かみがあって、いつでも聴けるような曲になっていて、冬の季節にも合うと思います。

kiki vivi lily : 私もビートを最初に聴いた時に「冬」をすごく感じて。そこにロマンチックなラップを空音くんが乗せてくれたので、楽曲全体として素敵な楽曲になったと思います。この曲を聴いて、ちょっとでもポジティブな気持ちになってもらえたらいいな、というメッセージを込めてるので、ぜひ聴いていただけたら嬉しいです。

Text & Interview : Shinya Yamazaki
Curated by Manhattan Records®️




【INFORMATION】


■リリース情報 [シングル]
タイトル : Farewell feat. 空音 & kiki vivi lily
アーティスト : DJ HASEBE
仕様 : デジタル
レーベル : Manhattan Recordings / LEXINGTON Co., Ltd
配信リンク : https://djhasebe.lnk.to/Farewell




■リリース情報 [DJ MIX]
タイトル:TOKYO R&B GROOVE (mixed by DJ HASEBE)
アーティスト:DJ HASEBE
仕様:CD / デジタル
ジャンル:J-HIPHOP/R&B
レーベル: Manhattan Recordings / LEXINGTON Co., Ltd
CD販売リンク:https://manhattanrecords.jp/TOKYO+R%EF%BC%86B+GROOVE/product/0/4560230529697/
配信リンク : https://DJHASEBE.lnk.to/TOKYO_RnB_GROOVE



Tracklist 『TOKYO R&B GROOVE』
※CDと配信では収録曲が異なります。

・CD版
01. DJ HASEBE / Farewell feat. 空音 & kiki vivi lily
02. JiLL-Decoy association / イヤホンを外したら feat. BASI
03. Myuk / あふれる
04. showmore / now feat. SIRUP (Shin Sakiura Remix)
05. SIRUP / Keep In Touch feat. SUMIN
06. tonun / 東京 cruisin'
07. ZIN / Walk-in Closet
08. Tokimeki Records / Candy feat. Hannah Warm
09. 80kidz / Magic feat. AAAMYYY
10. Anly / 4:00 a.m. feat. mahina
11. G.RINA / 魅力
12. VivaOla / Love you bad feat. YonYon
13. ぷにぷに電機 / ラスト・サマー
14. おかもとえみ / チックタックメモリー
15. Kuro / PORTLAND
16. pinoko / トーキョーブルース
17. MALIYA / 7 Signs
18. I love you Orchestra Swing Style / Night Distance feat. Mahina
19. Soulflex / Free Ya Mind
20. Furui Riho / Purpose
21. 野田愛実 / 私の顔が嫌い
22. ASOBOiSM / ROOM205 feat. 森心言
23. SUKISHA , kojikoji / 表情筋 - Big Smile
24. aimi / Show Me



・配信版
01. DJ HASEBE / Farewell feat. 空音 & kiki vivi lily
02. JiLL-Decoy association / イヤホンを外したら feat. BASI
03. showmore / now feat. SIRUP (Shin Sakiura Remix)
04. SIRUP / Keep In Touch feat. SUMIN
05. tonun / 東京 cruisin'
06. ZIN / Walk-in Closet
07. Tokimeki Records / Candy feat. Hannah Warm
08. 80kidz / Magic feat. AAAMYYY
09. VivaOla / Love you bad feat. YonYon
10. ぷにぷに電機 / ラスト・サマー
11. おかもとえみ / チックタックメモリー
12. Kuro / PORTLAND
13. pinoko / トーキョーブルース
14. MALIYA / 7 Signs
15. I love you Orchestra Swing Style / Night Distance feat. Mahina
16. Soulflex / Free Ya Mind
17. Furui Riho / Purpose
18. 野田愛実 / 私の顔が嫌い
19. SUKISHA , kojikoji / 表情筋 - Big Smile
20. aimi / Show Me




【Artist Profile】

■DJ HASEBE(ディージェイ・ハセベ)


DJ / サウンド・プロデューサー。1990年よりDJとしてのキャリアをスタート。1998年にSugar Soul & Zeebraを迎えた「今すぐ欲しい」収録のミニアルバム「adore」をリリースし、その名を世に広める。同時期に渋谷クラブHARLEMで行われていた伝説のパーティー「HONEY DIP」にてDJプレイを行い、毎回大盛況のイベントとなった。2000年にフルアルバム「Hey World」をリリースし、翌年にはヨーロッパ数カ国でも発売され話題に。それ以降は多くのアーティストのリミックやプロデュースを手がけている。近年ではマイケル・ジャクソンとジャクソン5音源のみで選曲されたリミックス作品や、ビーチライフ・スタイル・マガジン『HONEY』とのコラボミックスCD、2020年にはDJ活動30周年記念アルバムなどを発表。現在はABEMA TVでプロデュースとDJを務めるレギュラー番組や自身のYouTubeチャンネルで毎週ライブ配信を行い、コロナ禍での新しい音楽の楽しみ方を提案。各方面で話題になるなど精力的に活動中。


SNS:
・Instagram:https://www.instagram.com/oldnick/?hl=ja
・Twitter:https://twitter.com/djhasebe
・Facebook:https://www.facebook.com/DJHasebeOfficial
・YouTube:https://youtube.com/c/DJHasebeOfficial
・Spotify:https://open.spotify.com/artist/1hmfvUtIXJ6c5odBY2kFqW?si=OsMSghnvSxS3XeSY-6fOew
・mixcloud:https://www.mixcloud.com/djhasebe/



■空音(ソラネ)


2001年生まれ、兵庫県尼崎市出身。高校生でリリースした1st EP『Mr.mind』が注目を集め、2019年リリースの1st Album『Fantasy club』から「Hug feat. kojikoji (Album ver.)」がYouTubeで3,600万再生を超えるヒットを記録。2nd Album『19FACT』はApple Musicの「ヒップホップ/ラップ」チャートで1位を獲得。その後3rd Album『TREASURE BOX』ではクリープハイプやTENDRE とコラボを果たし、今年2021年に入ってからはKMとコラボしたEP『Alcoholic club』をリリース。そして12月8日に5曲入りEP『maison skeleton』をリリース。

SNS:
・Official Web Site:https://sorane-official.com
・Instagram:https://www.instagram.com/sorane_c6c/
・Twitter:https://twitter.com/0_sorane_6
・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC8Y1nNewUZPAoBTKGAbPl1A
・Spotify:https://open.spotify.com/artist/3rTxb36W3M1BCxx00iiwMU?si=vV6c4jAESQOgkpsBSn2bXQ



■kiki vivi lily(キキ・ヴィヴィ・リリー)


福岡県出身。スウィートで魅惑的な歌声と類稀なるメロディーセンスで彩度の高いポップネス・ソウルを奏でる注目のシンガーソングライター。軽やかにジャンルを横断しながら様々なアーティストとコラボレーションを行うスタイルは、シーンの中でも特異な存在感を放つ。2019年6月に1st Full Album「vivid」を発表、音楽専門誌「MUSIC MAGAZINE」のレビューでは10点満点を獲得するなど話題を呼び、玄人のみならず幅広い音楽愛好家を魅了。同年12月にビートメーカーSUKISHAとの共作「Over The Rainbow」を発表、Apple Music R&Bチャートでは2年に渡りランクインを記録し続けるほか、スペインでの海外初公演を行うなど、グローバルに活躍の場を広げつつある。

2020年12月に1年半ぶりとなるデジタル限定ミニアルバム「Good Luck Charm」をリリース。収録曲の「ひめごと」が三井アウトレットパーク「SURPRISE SALE」のCMソングに抜擢され、ロングセールスを記録。また、nobodyknows+との「ココロオドル」のコラボレーションも大きな話題となった。

2021年10月に待望の2nd Full Album「Tasty」をリリースした。

SNS:
・Instagram:https://www.instagram.com/kiki_vivi_lily/
・Twitter:https://twitter.com/ki_vi_ly
・YouTube:https://www.youtube.com/channel/UC2qqLtG-gC_2MHj_-t_F13w
・Spotify:https://open.spotify.com/artist/5D21ZneiMBeuS22kVg2sxE?si=7AiKQL03QBK36pdCdrLFYA