バイプレイヤー“無地TEE”を上手に着こなそう! – ウィゴー公式サイト|ウェブマガジン「WEGO.jp」   
バイプレイヤー“無地TEE”を上手に着こなそう!
バイプレイヤー“無地TEE”を上手に着こなそう!

スタンダードクルーネックT
無地TEEは、スタイリングやシーズンを問わず活躍してくれる最高のアイテムです。決して主張はしないけれども、着ているだけでそのほかのアイテムの魅力を十分に引き出す、なくてはならないバイプレイヤー的なポテンシャルがあります。

これからの夏、おそらくヘビロテする人も多いのではないかと思うのですが、無地TEEにも素材によって持ち合わせている性能が異なります。ここでは、ベーシックな6オンスコットンのスタンダードクルーネックTEE、給水速乾に特化したドライクルーネックTEE、古着のような風合いを楽しめるピグメントクルーネックTEE、この3種類の無地TEEを取り上げ、それぞれのポイントをご紹介します。この夏の無地TEE選びの参考にしてみてください。



スタンダードクルーネックTEE¥1,599(税込¥1,759)[商品を見る]
スタンダードクルーネックT

オールシーズン、毎日でも着ていたくなるWEGOのスタンダードクルーネックTEEは、薄すぎず厚すぎない6オンスコットン生地の仕様。「オンス」とは生地の重さを示す表記で、それによって生地の厚さの目安に使用されています。5~6オンスが一般的な厚さとなり、それよりも数値が低いと生地は薄く、逆に高いと厚く丈夫になります。

そのため、これからご紹介する2商品に比べ最も定番と言える質感です。だからと言って、全てが平均点の平凡なアイテムかというとそうではありません。

例えば着心地ですが、着用時にストレスなく程良いゆとりが生まれるように形状はボックスシルエットを採用。6オンスだからこそ、日常の様々なシーンに溶け込む質感で、なおかつインナーとしても使うことができます。何着持っていても、買いすぎということがないくらいおすすめの、WEGOの“定番服”です。



ドライクルーネックTEE¥1,599(税込¥1,759)[商品を見る]
ドライクルーネックT

こちらはさらっとした着心地の良さが特徴のアイテム。先ほどご紹介したスタンダードクルーネックTEEが綿100%だったのに対して、ドライクルーネックTEEは綿とポリエステルをほぼ半々の割合で作られているので給水速乾に特化し、夏でも涼しげで快適に過ごせるような仕様です。

特に、肌に接する面はポリエステルで仕立てられているので、体にまとわりつきにくく、さらっとした着心地となっています。一方、そうした着心地の良さに長けて入るものの、首元は伸びにくく耐久性に優れたバインダーネックになっているため、全体的にはクリーンな印象に仕上げつつも、長く着られるようタフなアイテムなのです。暑い時期には必ず重宝されるのではないでしょうか。



ピグメントクルーネックTEE¥1,599(税込¥1,759)[商品を見る]
ピグメントクルーネックT

新品なのにもかかわらず古着のようなディテールを表現するのは、WEGOのアイテムの魅力です。次の紹介するこちらのピグメントクルーネックTEEもそのうちの一つ。

通常の染料ではなく、顔料を用いて染色するピグメント加工を施しているため、ややくすんだようなヴィンテージ風の質感に。さらに、生地も肉厚感あふれる7オンスのへビーウェイトコットンなので、前にご紹介した2つの商品とは全く異なる印象になります。

例えば、ワイドシルエットのスラックスとジャケットのセットアップのインナーとして着ることで全体的に渋みのあるフォーマルなスタイリングになり、カーゴやデニムとあわせればカジュアルに着こなすこともできます。無地TEEの中でも個性のあるアイテムとなっています。



それぞれタイプの異なる3つの無地TEEをご紹介してきました。無地と言ってしまえばそれまでですが、素材や形によって着心地や印象が変わるのがお分かりになったのではないでしょうか。WEGOでは、ここではご紹介しきれないTシャツに関する記事を多く揃えています!こちらからTシャツの世界をもっと深掘りしてみましょう!

>>類似記事はこちら<<
【コスパ最強!】"THE STANDARD"無地Tシャツの魅力
【夏はコレ!】幅広いコーデに使えるU.S.POLO ASSN. Tシャツ
全部1,000円台!プチプラ"Tシャツ"で夏コーデ攻略!





Text/Taro Taira