東京で食べられるHIPHOP生誕の地NYの屋台グルメ – ウィゴー公式サイト|ウェブマガジン「WEGO.jp」   
東京で食べられるHIPHOP生誕の地NYの屋台グルメ
東京で食べられるHIPHOP生誕の地NYの屋台グルメ

初めてニューヨークに行ったのは2008年、HIPHOPの生まれた街でカルチャーを感じる事と本場のパーティに触れる事を目的に10日間ほど滞在したのが最初です。せっかくニューヨークに来たのだからニューヨーカーのような食事をしようじゃないか!と最初に食べたのが6th Avenueにあったベンダー(屋台)のチキンオーバーライス。いくつもあるベンダーの中からチキンオーバーライスを選んだのは「行列が出来てたから」という日本人的な理由でしたが、食べてびっくり。その味にハマってしまいました。

 

 

 

とは言え、頻繁にニューヨークに行けるわけでもなく「どこかであの味が食べられないだろうか」などとふと思い出すことも。この数年はチキンオーバーライスが食べられるお店へ数店訪問しましたがニューヨークの「あの味」とは少し違うという感想でした。(もちろんどのお店も美味しかったですが)

 

そんな中「本場のチキンオーバーライスが食べられるお店を見つけた」と知人から情報を貰ったので、原宿へ行ってきました。その名も「J's Vendor」。

 

店頭ではニューヨークのHIPHOPラジオが鳴り響く何だか現地のような雰囲気。メニューを見ると「BIGGIE」「LL COOL J」「CARDI B」などなどニューヨークを連想させるラッパーの名前でワクワクします。

 

 

 

 

 

 

 

色々食べてみたいという気持ちを抑え、ここはスタンダードな「チキンオーバーライス」を注文。柔らかく仕上げられたチキンは勿論、パラパラのご飯、そして特徴あるホワイトソースが「あの味」だと懐かしさを覚えました。何より、ちょっと混ぜた時の絶妙な味がニューヨークで食べたものとそっくりで驚きました。

 

 

店主のJUSTYさんにメニューが何故HIPHOPのアーティストばかりなのか聞いたところ、なんとJUSTYさん、現役バリバリのクラブDJ!なるほど、混ぜた時のあのグルービーな味はDJに所以しているのか!なんて思ったりもしました。本当に美味しい。ご本人はDJとして現地の情報を知る為ニューヨークへ行かれていたそうですが、通ううちに街が持つ独特の雰囲気やカルチャーにも大きな感銘を受け、日本でも何か伝えたい!とこの店をオープンされたそうです。

 

場所は流行発信地、渋谷は原宿です、お買い物をするエリアからそう遠くもないので是非足を運ばれてみてはいかがでしょう?原宿でチキンオーバーライスを食べたくなったら是非「J's Vendor」へ。

 

 

J's Vendor
住所:東京都渋谷区神宮前2-18-7 フードビル1F
営業時間:平日11:0020:00、週末11:0018:00

 Instagram
https://www.instagram.com/js.vendor/?utm_medium=copy_link