WEGO流!スケーターパンツのコーデ術! – ウィゴー公式サイト|ウェブマガジン「WEGO.jp」   
WEGO流!スケーターパンツのコーデ術!
WEGO流!スケーターパンツのコーデ術!

スケーターパンツ
2020東京オリンピックの正式種目に選ばれたスケートボード。音楽やグラフィティと並んで日本でも一つのカルチャーとして以前から根付いてはいたものの、この大会の日本人選手の目まぐるしい活躍や、そのファッション性の高さから、最近ではスケーターファッションがスケートボードをやるやらないに関わらず、ファッションのトレンドとして注目度を増しています。

WEGOでは、そうしたトレンドの渦中にあるスケーターファッションに合う、ワイドシルエットのスケーターパンツを展開中。リラックスしたサイズ感と豊富なカラーバリエーションがWEGOならではの特徴的で、シルエットは細過ぎもせず、ダボダボと大き過ぎもしない、程よく脱力感のあるゆったりとしたサイズ感で、タックがついていることでスッキリとしたまとまりが生まれます。

カラーは人気のホワイトやグリーンをはじめ、淡いデニムカラーなど全5色をラインアップしています。ここからはカラーごとのコーディネートサンプルを紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。


<ホワイト>
スケーターパンツ
スケーターパンツ ¥2,999(税込¥3,299)[商品を見る]

最初に紹介するのは、5色のラインアップのうち、最も人気なホワイトです。同系色のトップスを合わせたワントーンコーデがオススメ。夏であればホワイト・オン・ホワイトのカラーリングが爽やかに映えます。

また、トップスをタックインすることで、やぼったくなり過ぎず、都会的でクリーンなスケーターのスタイリングにまとまります。



<グリーン>
スケーターパンツ
スケーターパンツ ¥2,999(税込¥3,299)[商品を見る]

次にご紹介するのが、人気ぶりでホワイトと双璧をなすグリーンです。WEGOのスケーターパンツは、グリーンの中でも爽やかさをとどめる新緑のような色合いで、古着系のアイテムでも人気のカラーを取り入れています。

ベストとのレイヤードでの着こなしがオススメで、実際に海外のスケートビデオを見ていると、Tシャツにベストを重ねるスタイルのスケーターを見ることができます。

スタイリングの際、注意したいのはベストのカラーです。派手な発色のものや柄モノをチョイスすると、せっかくのグリーンの魅力が半減してしまいます。あくまで、グリーンを目立たせるようにベーシックな色合いで合わせるのが良いのではないでしょうか。



<ブラック>
スケーターパンツ
スケーターパンツ ¥2,999(税込¥3,299)[商品を見る]

続いてご紹介するのは、硬派な印象のブラックです。トップスには、ビンテージライクなTシャツやバンTを合わせたコーディネートがオススメ。いたってシンプルではあるものの、ワイドパンツだからこそのオシャレ感が演出されます。

ブラックのワイドなパンツといえば、スラックスも主流ではあるものの、素材が異なると、ファッションのテイストは大きく変わってしまいます。モードなスタイルや、大人カジュアルにまとめるには良いものの、スケーターファッションにはツイル素材がオススメです。



<デニム淡色>
スケーターパンツ
スケーターパンツ ¥2,999(税込¥3,299)[商品を見る]

スケーターファッションには、ワイドなデニムパンツも相性が抜群です。デニムの淡色にトップスのシャツカラーを合わせることで統一感が生まれて、こなれ感やオシャレさを演出できます。

よりスタイリングを追求して他の人と差をつけたいのであれば、コーデュロイ生地のキャップにスウェード生地のスニーカーを合わせるなどしてアメカジのテイストも取り入れることで、凝ったスケーターファッションを楽しめます。



<デニム中濃色>
スケーターパンツ
スケーターパンツ ¥2,999(税込¥3,299)[商品を見る]

最後はデニムの定番カラーでもある中濃色をご紹介します。デニムと言えばこの中濃色を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

ただ、既存のデニムにはあまり見られない、デーパードシルエットはこのスケーターパンツならではの特徴。懐かしさを感じるレトロなコーディネートにも合うので、ハンチングやキャスケットといった渋めの帽子を被ったり、オールドスクールなニットベストを重ねても良さそうです。





Text/Taro Taira